看護師転職サイトの登録の流れ

看護師転職ガイド

看護師のための転職サイトは多くありますが、ほとんどはネットで登録することができます。登録と言っても、名前と連絡先などを入力するだけなのであっという間です。登録後、転職サイトの担当の方からヒアリングのための電話があると思います。ヒアリングは5分〜10分程度のものですが、希望すれば30分以上時間を取ってくれるそうで、しっかり話を聞いていただくことができます。転職サイトの方は、このヒアリングで得られた情報から、合うであろう求人情報や転職先をピックアップしてきてくれます。ですから、転職先の希望、自分にとってポイントとなる部分など、自分の考えをしっかりと伝えておきましょう。ここまで、できたら第一段階は終了です!担当の方が求人情報を選んできてくれるので、待っていましょう。

 

より自分の希望にあった転職先を見つけるには、いくつかの転職サイトに登録して利用することがおすすめです。転職サイトごとに違った求人情報を持っていたりするので、幅広い情報にアプローチできるようにしておきましょう。郵便やメールでも求人情報を送ってくれるので、これも確認しておきましょう。

 

希望に沿った転職先の提案

さて、担当の方から、転職先の提案がきました。このとき、もしあまり気にいる求人ではなかった場合、また選び直してもらうことが可能です。担当の方と相談しながら、より詳細に自分の希望を明確にしましょう。もしなにか知りたいことがあったときでも、担当の方から情報を教えてもらえます。転職サイトの方もプロとして仕事をされているので、自分の担当の方に色々相談しても大丈夫ですよ。気にいった求人を見つけることができれば、第二段階終了です!

 

さっそく求人に応募していくことになるのですが、担当の方が、応募に際して必要なものがあれば揃え、応募書類の書き方などもしっかりアドバイスしてくれます。書類選考に通れば、いよいよ面接です。なんと、転職サイトによっては、面接に担当の方が一緒に行ってくれたりします。面接後、採用となった場合は、雇用条件の交渉や細かい調整も担当の方が代行してやってくれます。転職先も決まって、第三段階終了!

 

さて、まだまだ終わりませんよ。在職中から転職活動をしていた方は、退職のために動いていきましょう。担当の方から退職においてのアドバイスも頂けるので、今の職場から、気持ちよく送り出してもらいましょうね。ここまでこれば、すべて終了です!
そして、新しい職場での初日に向けて、しっかり準備していきましょう!

看護師の転職について/看護師転職ガイド記事一覧

この数年間の間に医療機関は大きく改善されてきたように思います。その要因の一つに、2006年に診療報酬が改定されたことが挙げられます。またこの改定により、看護師一人に対して、受け持ちの患者が七人となりました。現在、全国の各病院では看護師の募集に力を入れています。ですが現状としては都市部の病院に看護師が集中しています。各病院により募集の条件が異なり、好条件である都市部が選ばれやすいようです。そのため小...
看護師の求人は、不景気の現在でも求人数の多い職種ではあります。看護師は今、人手不足問題が深刻化していることもあり、余るほどの求人があると言ってもいいくらいなのです。ですので、看護師に転職をしようとされている方は、今の時期はチャンスであると言えるでしょう。看護師に転職をするメリットとしては、まずお給料面に関することが挙げられます。病院によって違いはありますが、一般のサラリーマン程度のお給料は確実に貰...
看護師の世界は、一般の企業に勤めているサラリーマンやOLよりも転職がよく行われています。看護師で転職をされる方の多くが、スキルアップや家庭の事情を理由にされているようです。看護師は現在売り手市場だと言われていますが、転職が出来ずにいる方もおられます。そういった方の傾向としては、転職回数がとても多いということがあります。看護師の仕事は、夜勤や当直を伴うことから、勤務時間が不規則だったり、残業を行わな...
転職活動を始められる際、まず最初に行わなければならないことは、魅力的な履歴書を作成することなのです。履歴書は、自分の看護師としての実力や経験をアピールするとても大事なものですので、しっかりと書き方のポイントをおさえておいた方がいいでしょう。そこでここでは、看護師の転職活動を行ううえで、プラスになるような履歴書の書き方のノウハウをお伝えしたいと思います。まず始めに、履歴書を書くときは手書きを心掛ける...
日本では、正規雇用されている人の転職率はわずか5%にも満たないそうです。随分状況が変わってきているといはいえ、終身雇用が基本になっている企業がまだまだ多いということだと思いますが、一方、看護師だけでみた場合、転職率は非常に高いものとなっています。看護師の転職について語られる時、必ずあげられる要因が、仕事の負担の大きさです。ある意味肉体労働でもあり、夜勤や変則の勤務、残業も場合によってはあります。待...
現在働いている職場を何のトラブルもなく円満に退職しようと思ったら、それまでにきちんとした準備や段取りが必要です。急な退職やきちんと引継ぎも終わらないまま辞めてしまうようなことは社会人として決してしてはいけない事です。自分ひとりで仕事をしているのではありません。迷惑をかけないように早めの準備が大切です。勤務期間は人それぞれでしょうが、これまで自分がお世話になった職場の人に対してはきちんと誠意ある対応...
看護師は「白衣の天使」とも言われます。実際の仕事は非常に忙しく、重労働です。患者の命にかかわる仕事ですのでストレスも多いと思います。多くの患者さんの話を聞き、相談に乗り、自分自身の悩みどころではない人もいるかもしれません。患者さんの前では笑顔見せながらも、自分自身はつらい時もあるでしょう。看護師さんの悩みとしてまず挙げられるのは、仕事の忙しさ勤務の状況により生じるいろいろな問題です。不規則な勤務形...
看護師は、シフトによっては会社員のように決まった時間に仕事を終えられないこともあります。そのため、小さいお子さんがいると、お子さんの面倒をどうするかという問題も生じることになります。家族と同居していて面倒を見てくれる人がいればいいのですが、人によっては家族も仕事が忙しかったり、一人で子供を育てている方もいらっしゃると思います。もちろん24時間体制で運営している託児所を利用する手もありますが、24時...
看護師が転職をする場合には、自分で募集を探して求職活動をする他、ナースバンクや専門の人材紹介会社に登録をして斡旋してもらうという方法もあります。また、知人を介して転職をする場合も時にはあるようです。このうち自分で求職活動を行うケースは、自分の希望に近く、また自分のような看護師を求めてくれている職場に就職できることが多いでしょう。なぜなら、それを決めるのが就職面接であり、選考だからです。相手方の求め...
ここ数年の間に、看護師専門の転職サイトもたくさん増えてきています。ですがまだまだ、看護師の転職というのは閉ざされていると言えるでしょう。もし、知り合いなどのつてに心当たりがあるのでしたら、人脈を生かして転職するのも有効です。引き抜きのお話を待つよりも、元上司や元同僚などに転職について打ち明けた方が、確実な場合もあります。何も知らないところへ飛び込んで行くよりも、知人の紹介という形なら雇用者側も「こ...
失業保険を受給するには一定の条件があるのです。それは、給与の基礎となる勤務日数が月に11日以上あるということと、現在の職場に6ヶ月以上継続して勤務をしているという条件です。また、雇用保険に加入をしていなければ失業保険をもらうことは出来ません。失業となるときには、離職票をもらうのですが、自己都合で辞める場合と、雇用者側の都合で退職となる場合では、内容に違いがあります。このことは、失業保険の支給にも関...
ここ数年で、男性の看護師の方が増えてきたように思います。男性の看護師は、体力があったり力仕事が出来ることから、女性の多い看護師の世界ではとても貴重な存在なのです。しかし、まだまだ看護師は女性というイメージを持たれている方が多く、実際の病院でも圧倒的に女性の看護師の数が多いことは見るだけで分かります。看護師として働くのは女性の方がおおいことから、やはり女性の需要の方が高いと思われている人も多いです。...
看護師は非常に離職率、転職率の多い業界です。その理由の1つに、よく過酷な労働環境があげられますが、ネガティブな理由ばかりではなく、看護師の仕事は、結婚や出産などをきっかけに1度キャリアを中断したとしても、また再開することができる、ということもあります。フルタイムでの仕事は中断していても、アルバイトや単発で続けたりと、ライフデザインにあわせて活用できるのが看護師資格の強みでしょう。さて、一般に転職と...
看護師として仕事をしていると、おそらく大抵の人が1度は転職を経験するのではないかと思います。看護師をしている人はいまのところ圧倒的に女性が多いということもあり、結婚や配偶者の転勤、出産など様々な事情により、転職、もしくは一旦退職という道を選ぶこともあるでしょう。看護師資格とキャリアは、仕事を1度やめても消えてしまうものではありませんから、看護師は比較的転職が容易な職業といってもいいと思います。保険...
仕事や職場を選ぶ場合に必ずチェックする面が、給与額・賞与額などの収入面、待遇面だと思います。世の中、実際甘くないのが、この面でしょう。一番、看護師高収入など謳っていても想定していたよりもかなりハードな夜勤が多くあったりして、体力的に相当きつい面があったりします。若いうちは、いいですが、男性女性とも家庭を持って、年をとってきても続けれるか、安定的に若い看護師が、就職してきて、体力的に若い人に劣るよう...

このページの先頭へ戻る