看護師が転職を行うデメリットについて

看護師が転職を行うデメリットについて

看護師の世界は、一般の企業に勤めているサラリーマンやOLよりも転職がよく行われています。看護師で転職をされる方の多くが、スキルアップや家庭の事情を理由にされているようです。看護師は現在売り手市場だと言われていますが、転職が出来ずにいる方もおられます。そういった方の傾向としては、転職回数がとても多いということがあります。
看護師の仕事は、夜勤や当直を伴うことから、勤務時間が不規則だったり、残業を行わなければならないこともよくあります。普段の仕事である点滴や注射以外にも、ナースコールの呼び出しに応じなければならなかったりと、患者さんの状況によって仕事内容が大きく変わることもあります。
また、入浴や排泄の介助、患者さんの話を聞いてあげるという仕事もあり、精神的にも肉体的にもとても辛い仕事なのです。そのうえ、看護師の仕事は患者さんの命を預かる仕事ですので、いつも緊張感をもって仕事をしなければならない責任感も伴います。転職先で当直や夜勤があり、不規則な勤務体系になる場合、以前の仕事でも、不規則な勤務体系であったり、看護師としての経験がある方であれば問題はないのですが、看護師の仕事を経験したことのない方や、不規則な勤務体系の環境で仕事をしたことがない方は、相当な覚悟で働かなければ、過酷な勤務状況に耐えることが出来ないでしょう。

 

転職回数があまり多いとデメリットになる

転職の回数には注意を

看護師の求人は、普通に求人誌を見ているだけではなかなか見つかりません。しかし、それは看護師の求人が表に出ていないだけで、実は看護師の求人はたくさんあるのです。看護師として転職をしたいという方は、看護師の求人をたくさん持っている求人サイトなどを利用するといいでしょう。
始めに、転職回数が多い看護師は転職しにくいという話をしました。確かに転職回数が多い方は、採用試験でも不採用の結果になることが多いのです。看護師は集団で仕事をしなければならないことから、協調性が必要だったり、命を預かる重要な場所で働くことから、責任感を求められる職業でもあります。ですので、すぐに仕事を投げ出してしまうような方は、責任感が無かったり、人間的に問題のある人だと思われてしまいがちなのです。
出来るなら、ある程度の年数は同じ勤務先で働かれることをお勧めします。ここでは看護師の転職に関するデメリットを中心に書きましたが、この内容を理解することで、転職活動を成功させるポイントが分かったのではないかと思います。

看護師サイトおすすめランキング
ナースではたらこ
ナースではたらこ
求人数 支援金 サポート地域 運営会社 口コミ評価
90,000件以上 - 全国 ディップ株式会社 5つ星

看護のお仕事

看護のお仕事

求人数 支援金 サポート地域 運営会社 口コミ評価
11,000件以上 12万円 全国 レバレジーズ(株) 5つ星

ナースフル

ナースフル

求人数 支援金 サポート地域 運営会社 口コミ評価
非公開 なし 全国 (株)リクルートトDC 5つ星

このページの先頭へ戻る