ヘッドハンティングでの転職

ヘッドハンティングでの転職の違い

看護師は非常に離職率、転職率の多い業界です。その理由の1つに、よく過酷な労働環境があげられますが、ネガティブな理由ばかりではなく、看護師の仕事は、結婚や出産などをきっかけに1度キャリアを中断したとしても、また再開することができる、ということもあります。フルタイムでの仕事は中断していても、アルバイトや単発で続けたりと、ライフデザインにあわせて活用できるのが看護師資格の強みでしょう。
さて、一般に転職というと、ヘッドハンティングやスカウトがきっかけになる場合も多いです。ヘッドハンティングとは通常、ある程度経験をつんだ専門的な知識を持つ人材や、経営向きの人材を、他社から引き抜くことを言います。看護師の業界では、スカウトでの転職はどの程度あるのでしょうか。

 

結論からいえば、まずないと思っていたほうがいいと思います。要するに、看護師の通常業務をこなしながら毎日を送っていても、引き抜きの話がくることはないということです。看護師は確かに独自の業務を行い、経験をつんでいる職業ですが、看護師資格を持つ人を引き抜くメリットというのは、そうそう病院や企業側にとって大きいものではないのです。

 

なかなか難しいヘッドハンティングでの看護師転職

看護師転職

例えば、キャビンアテンダントも職業としては特化した部分が多いですが、引き抜きはほとんどなく、転職という形で業界内で異動するのが普通です。ヘッドハンティングは、引き抜く側がその人材の今後を保証するということが前提になっていますから、明らかに業績があがるといった確実性が必要になります。看護師やキャビンアテンダントではそこまでの影響はないと考えられており、普通に募集をして良い人材を集めたほうが早いということになります。

 

とはいえまったくスカウトもヘッドハンティングもないかといえばそんなことはありません。傾向としては、知人から新しく開院する病院の募集の話がくる、といったケースはあるようです。また、比較的狭い業界でもあるので、スカウト経験はあっても、そういった話が流れてきていないだけ、ということも考えられます。何かの分野で突出している、勉強をしている、医療関係の雑誌に出稿をしたり、講演などを行っている、というある種のカリスマ性があれば、スカウトも夢ではないかもしれません。

 

業界の動向は、中にいることでわかることも多いと思います。今注目されている分野やスキル、人手やベテランの少ない科など、情報を常に集めておくことも大事です。

看護師サイトおすすめランキング
ナースではたらこ
ナースではたらこ
求人数 支援金 サポート地域 運営会社 口コミ評価
90,000件以上 - 全国 ディップ株式会社 5つ星

看護のお仕事

看護のお仕事

求人数 支援金 サポート地域 運営会社 口コミ評価
11,000件以上 12万円 全国 レバレジーズ(株) 5つ星

ナースフル

ナースフル

求人数 支援金 サポート地域 運営会社 口コミ評価
非公開 なし 全国 (株)リクルートトDC 5つ星

このページの先頭へ戻る