看護師さんが転職を決める理由

看護師さんが転職を決める理由

日本では、正規雇用されている人の転職率はわずか5%にも満たないそうです。随分状況が変わってきているといはいえ、終身雇用が基本になっている企業がまだまだ多いということだと思いますが、一方、看護師だけでみた場合、転職率は非常に高いものとなっています。
看護師の転職について語られる時、必ずあげられる要因が、仕事の負担の大きさです。ある意味肉体労働でもあり、夜勤や変則の勤務、残業も場合によってはあります。待遇は病院によって変わってきますが、仕事の負荷に対して安すぎるのではないかと思われるケースも多いです。

 

また、看護師は女性が圧倒的に多いということも、転職率を高めている要因です。男性に比べ、女性は仕事を続ける上で影響の出る私生活の変化が多くあります。代表的なものが結婚や子育てです。独身、もしくは子どもがいないうちはこなせていた業務でも、出産をきっかけに続けることが難しくなってしまい、拘束時間が少なかったり、日勤のみだったりといった職場へ転職するのはむしろ自然なことでしょう。

 

様々な要因が積み重なり転職を決断する看護師さんが増えています

看護師転職ガイド

病院での勤務は、患者や医師とコミュニケーションをとることも必要です。となると、どうしてもトラブルも生まれることになります。対人の悩みは、看護師に関わらず、社会人である以上は避けられないことではありますが、先に触れたように看護師の仕事というのは、時に人の生死に関わる、負荷の高いものです。必然的に上司になる医師とのハラスメント系の悩みや、女性の多い環境特有の悩みがあれば、それだけ仕事を続けていく上での障害にもなります。

 

とはいえネガティブな理由で転職を希望する人がばかりなわけではありません。介護老人ホームなどをはじめとして、看護師の活躍場もどんどん広がっています。別の診療科で仕事がしたい、小児医療や救急医療に興味がある、CNを目指したいといった希望をもって転職する人も多いです。転職する看護師が多いことにより、看護師が足りなくなってしまっている病院もありますが、労働環境の改善や、新人ナースの教育面等努力の余地はあるでしょう。もちろん病院を利用する側にとっても、いきいきと働いている看護師の多い病院のほうがいいはずです。

 

責任の大きい仕事だけに、転職自体に悩んで踏み切れない人も多いと思います。ですが、転職理由のポジティブ、ネガティブに関わらず、よりよい職場を求めることは決して悪いことではありません。ごく普通にあることであり、よりいい仕事をするためのステップという認識でかまわないのではないかと思います。

看護師サイトおすすめランキング
ナースではたらこ
ナースではたらこ
求人数 支援金 サポート地域 運営会社 口コミ評価
90,000件以上 - 全国 ディップ株式会社 5つ星

看護のお仕事

看護のお仕事

求人数 支援金 サポート地域 運営会社 口コミ評価
11,000件以上 12万円 全国 レバレジーズ(株) 5つ星

ナースフル

ナースフル

求人数 支援金 サポート地域 運営会社 口コミ評価
非公開 なし 全国 (株)リクルートトDC 5つ星

このページの先頭へ戻る